信楽焼陶器 天目ボウルめだか鉢 13号 WB13-517

M'S GRACY - 2019AWカタログ掲載♡花柄ワンピース♡42!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

ユニカ ルーティアンカーCタイプ・Mねじ スチール 大箱/180本入 C-1210
日本限定 信楽焼陶器 天目ボウルめだか鉢 13号 WB13-517 水鉢、睡蓮鉢
日本限定 信楽焼陶器 天目ボウルめだか鉢 13号 WB13-517 水鉢、睡蓮鉢
suzunet-sho/wb13-517-2151-9HX
5,461円 8,402円

◆信楽焼の水鉢·めだか鉢は土味が豊かで、庭の木々と融合して静かな空間を演出できます。また、玄関などの屋内に置いて、魚や水藻を楽しんでも、素敵なインテリアとしてお使いいただけます。

◆この商品の内部底面は施釉されておりません。

◆サイズ: 直径40cm、高さ21cm

◆発送:この品物は、滋賀県甲賀市信楽町からの産地直送です。

大きさや形、削り、色合い、模様などは、焼成によって多少の差があります。

◆下記の「商品説明」でご注文時のご注意、および商品の取り扱いのご注意をご確認ください。

◆信楽焼のガーデニング陶器について◆
信楽焼のガーデニング陶器は、土味が豊かで自然によく溶け込み、美しいお庭を作り上げる強い味方です。特に水との相性は抜群で、水面、水音などと共に、心休まる空間を演出できます。お庭だけでなく、お茶室の待合、玄関、店舗にと、さまざまな場面でのエクステリア·インテリアとして、お楽しみいただけます。ご自宅用から、開店祝い、新築祝いなどのお祝い事など、用途に応じてお選びください。


Harumari TOKYOで以前も紹介した代官山「Artbar」。お酒を飲みながら外国人講師による絵画レッスンを受けられるユニークな体験に、アート好きモデルの谷口蘭も挑戦した。

日本限定 信楽焼陶器 天目ボウルめだか鉢 13号 WB13-517 水鉢、睡蓮鉢

ALEXIA STAM - alexiastam アリシアスタン デニム サロペット。

以前も紹介した代官山「Artbar」。欧米で広まりつつある「Paint & Sip」というお酒を楽しみながら絵を描くというスタイルの東京版。ここ「Artbar」もモネ、ゴッホ、ピカソなどの絵をモチーフに、飲み放題のワインやおつまみを参加者みんなでワイワイと楽しみながら気軽に絵を描くことができるだけでなく人々の交流の場になっているという。

記事:MONCLER/Laitue ショートダウンジャケットファー&ベルト付き

今回、その絵画レッスンを体験するのは、前回のベトナム料理教室に引き続きモデルの谷口蘭。絵を描くことが好きで、高校は美術系の学科に通っていたという彼女は、Artbarにハマってしまうのか。

記事:林太郎様 宮本武蔵 兵法の道を生きる 他57冊

代官山駅から徒歩約10分の場所にある店内に入ると、「こんにちは〜!」と本日の講師、NAOMIさんがお出迎え。ロサンゼルスの芸術大学で絵画とデザインを学び、今年で来日4年目だそう。

全14席の机の上には卓上イーゼルがずらり。棚にはたくさんの絵の具、壁にはさまざまな絵画が飾ってあり、アートな空間が広がっている。

MSGM - ● MSGM トレーナー 2542MDM196 184799 99 XS

谷口さんも、エプロンをつけて準備万端。「絵の具を使って絵を描くのは高校生の時ぶり。作業をはじめると黙々とひとり没頭することも多かったですね」と、谷口さん。

「ワインは飲み放題なので自由に楽しんでください!」というNAOMI先生のひと言に、谷口さんも白ワインをもらいにカウンターへ。左手にはクッキーやおせんべえ、チョコなどを持って、席に戻る。

「キャンバスの隣に、お酒、おつまみが並んでるなんて、なんだか新鮮な光景。絵を描くと聞いてちょっと緊張していたけど、気張らなくていいこの雰囲気は気分が和らぎます」と、谷口さん。

いよいよ絵画レッスンスタート。今回はファン・ゴッホの『3本のひまわり』をお手本に、描くポイントをNAOMI先生が実演しながら解説する。

まずは黄色の絵の具を絵筆に付けて、テーブルのラインとひまわりを描いていく。「いい感じ。Great!」と生徒たちの描く線を見てNAOMI先生。英語で質問する生徒には英語で、日本語で質問する人には日本語でわかりやすく説明してくれる。

RODEO CROWNS WIDE BOWL - Sサイズ BOOST DENIMサロペット ※令和元年 特別記念価格これは安い!

途中、席を立ってワインのお代わりを注ぎに行く人や用意されたおつまみを取ってきて隣の人に分けてあげたりと、スタートして20分頃には教室全体がワイワイと楽しい雰囲気に。谷口さんも2杯目の白ワインを飲み始め、少しほろ酔いぎみ。

次の工程は、背景。今回のお手本であるファン・ゴッホの『3本のひまわり』の背景はやや明るめのグリーンだが、参加者たちはお手本通りの色で背景を塗る人もいれば、ピンクや紫を使って塗る人など自由。

谷口さんは深いグリーンをチョイス。やや大人っぽい『ひまわり』の絵になりそうだ。

「じゃぁ、そろそろ他の人の絵を見てみましょう」とNAOMI先生に促され、ワイン片手に席を立って、まわりの人たちの絵を見学するみなさん。「あ、この色いいですね」「そうか、もう少し花びらを足そうかな」と自然に会話が生まれていく。

そして花瓶の描き方、ひまわりが下を向いているように描くコツなどを教えるNAOMI先生。ちなみに谷口さんの絵を見たNAOMI先生は、「oh! ワイルドなひまわり」とニッコリ。やっぱり絵に性格は出るのかもしれない。

ラスト15分、NAOMI先生の「『助けてー』という人がいれば言ってね」とのアドバイスに「here!」と、手を上げるのは、ひとりで参加した外国人女性。すぐさま駆け寄り英語でアドバイス。少人数制だからできる細やかなサポートは絵画初心者や初参加者にとってもうれしいポイントだ。

最後はドライヤーで絵を乾かしてみんなで記念撮影。完成した絵を眺めている谷口さんも満足そうな表情だ。

「これまで絵画といえば、絵を描くことに没頭することが当たり前でしたが、お酒がプラスされることで、自然とリラックスムードに。人見知りでコミュニケーションが得意じゃない私も、参加者の方たちと自然におしゃべりしていました。あとは、普段の生活のなかで、スマホも触らずに2時間グッと集中することって意外と少ないなって。Artbarは絵を描くことに意識がいくから、その2時間だけは嫌なこととか悩みから解放されるような感覚でした。これはストレス発散にもなるかも!」と谷口さん。

VALENTINO - VALENTINO 後ろに大きなシルクおりぼん春ニット

取材・文:秋吉健太
カメラマン:玉井俊行

Drager 電気化学式センサー OV(測定対象ガス:メタクリル酸メチル)  6811530-12 855-8288
RADMAN-CO.COM RSS