FISHMAN フィッシュマン ビームス エクスパン FBX-43LTS FISHMAN Beams Xpan

ドラゴンボール カード パッチンテレビカード フリーザ ベジータ!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

●(送料無料)(代引不可)長栄堂 桂山(4号) イタチ毛 16130「他の商品と同梱不可/北海道、沖縄、離島別途送料」
【安心発送】 シマノ 21カーディフNX S120H−3 トラウトロッド
【安心発送】 シマノ 21カーディフNX S120H−3 トラウトロッド
sector3/t4969363399373-17151-fMN
20,435円 40,870円

S120H-3

サーモンフィッシング対応モデル。

サーモンフィッシングに必要な要素を高次元で融合させたモデル。3ピース並継構造を採用し、各ピースの役割を最適化することで、サーモン特有の小さな前アタリを察知する繊細なティップ、強力なフッキングを可能にしたパワーのあるベリー、大型サーモンの締め込みに耐える強靭で強引なファイトが可能なバットを持ったアイテムです。ブランクスには[スパイラルX]、[ハイパワーX]を採用。パワーロスを生むブレやネジレを削減することで、卓越した遠投性能を発揮。スプーニングからウキルアーまで、様々な釣り方に対応し、刻々と変わる過酷な状況下でもフレキシブルに対応可能な一本です。

掲載中の商品は、当社の他モール店の商品在庫と在庫を共有しております為、ご注文いただいた商品でも、既に完売となっている場合がございます。
大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解下さいます様お願い致します。

【安心発送】 シマノ 21カーディフNX S120H−3 トラウトロッド

Harumari TOKYOで以前も紹介した代官山「Artbar」。お酒を飲みながら外国人講師による絵画レッスンを受けられるユニークな体験に、アート好きモデルの谷口蘭も挑戦した。

【安心発送】 シマノ 21カーディフNX S120H−3 トラウトロッド

48,500円→美品⭐︎HALO&COヘッドドレス トリートドレッシング。

以前も紹介した代官山「Artbar」。欧米で広まりつつある「Paint & Sip」というお酒を楽しみながら絵を描くというスタイルの東京版。ここ「Artbar」もモネ、ゴッホ、ピカソなどの絵をモチーフに、飲み放題のワインやおつまみを参加者みんなでワイワイと楽しみながら気軽に絵を描くことができるだけでなく人々の交流の場になっているという。

記事:◆ニューバランス◆ 靴 CM996SHD

今回、その絵画レッスンを体験するのは、前回のベトナム料理教室に引き続きモデルの谷口蘭。絵を描くことが好きで、高校は美術系の学科に通っていたという彼女は、Artbarにハマってしまうのか。

記事:【MAISON MARGIELA】5AC マイクロ バッグ

代官山駅から徒歩約10分の場所にある店内に入ると、「こんにちは〜!」と本日の講師、NAOMIさんがお出迎え。ロサンゼルスの芸術大学で絵画とデザインを学び、今年で来日4年目だそう。

全14席の机の上には卓上イーゼルがずらり。棚にはたくさんの絵の具、壁にはさまざまな絵画が飾ってあり、アートな空間が広がっている。

超美品♡acca アッカ キラキラ ビジュー ゴールド カチューシャ

谷口さんも、エプロンをつけて準備万端。「絵の具を使って絵を描くのは高校生の時ぶり。作業をはじめると黙々とひとり没頭することも多かったですね」と、谷口さん。

「ワインは飲み放題なので自由に楽しんでください!」というNAOMI先生のひと言に、谷口さんも白ワインをもらいにカウンターへ。左手にはクッキーやおせんべえ、チョコなどを持って、席に戻る。

「キャンバスの隣に、お酒、おつまみが並んでるなんて、なんだか新鮮な光景。絵を描くと聞いてちょっと緊張していたけど、気張らなくていいこの雰囲気は気分が和らぎます」と、谷口さん。

いよいよ絵画レッスンスタート。今回はファン・ゴッホの『3本のひまわり』をお手本に、描くポイントをNAOMI先生が実演しながら解説する。

まずは黄色の絵の具を絵筆に付けて、テーブルのラインとひまわりを描いていく。「いい感じ。Great!」と生徒たちの描く線を見てNAOMI先生。英語で質問する生徒には英語で、日本語で質問する人には日本語でわかりやすく説明してくれる。

パンナム・ホノルル線就航新聞宣伝用(鉄板版下・非売品)

途中、席を立ってワインのお代わりを注ぎに行く人や用意されたおつまみを取ってきて隣の人に分けてあげたりと、スタートして20分頃には教室全体がワイワイと楽しい雰囲気に。谷口さんも2杯目の白ワインを飲み始め、少しほろ酔いぎみ。

次の工程は、背景。今回のお手本であるファン・ゴッホの『3本のひまわり』の背景はやや明るめのグリーンだが、参加者たちはお手本通りの色で背景を塗る人もいれば、ピンクや紫を使って塗る人など自由。

谷口さんは深いグリーンをチョイス。やや大人っぽい『ひまわり』の絵になりそうだ。

「じゃぁ、そろそろ他の人の絵を見てみましょう」とNAOMI先生に促され、ワイン片手に席を立って、まわりの人たちの絵を見学するみなさん。「あ、この色いいですね」「そうか、もう少し花びらを足そうかな」と自然に会話が生まれていく。

そして花瓶の描き方、ひまわりが下を向いているように描くコツなどを教えるNAOMI先生。ちなみに谷口さんの絵を見たNAOMI先生は、「oh! ワイルドなひまわり」とニッコリ。やっぱり絵に性格は出るのかもしれない。

ラスト15分、NAOMI先生の「『助けてー』という人がいれば言ってね」とのアドバイスに「here!」と、手を上げるのは、ひとりで参加した外国人女性。すぐさま駆け寄り英語でアドバイス。少人数制だからできる細やかなサポートは絵画初心者や初参加者にとってもうれしいポイントだ。

最後はドライヤーで絵を乾かしてみんなで記念撮影。完成した絵を眺めている谷口さんも満足そうな表情だ。

「これまで絵画といえば、絵を描くことに没頭することが当たり前でしたが、お酒がプラスされることで、自然とリラックスムードに。人見知りでコミュニケーションが得意じゃない私も、参加者の方たちと自然におしゃべりしていました。あとは、普段の生活のなかで、スマホも触らずに2時間グッと集中することって意外と少ないなって。Artbarは絵を描くことに意識がいくから、その2時間だけは嫌なこととか悩みから解放されるような感覚でした。これはストレス発散にもなるかも!」と谷口さん。

【真作】森田光達/雲雀図/ヒバリ/告天子/掛軸☆宝船☆Z-482

取材・文:秋吉健太
カメラマン:玉井俊行

14 K Gold over Sterling Silver Celtic infinityつま先リング
RADMAN-CO.COM RSS